ペダルはいつもおもい

レースレポ中心に記録していきます

2021 東日本ロードクラシック E1 Day2

春の実業団最高峰レース、東日本ロードクラシックの初日は今までにない好感触で終え、勝負の2日目にさしかかる。
2日目のみ参戦の選手も合流し、96kmと初日の120kmよりも短い距離で争われる為、より高速な展開が起こると予想された。

【結果】
6km×16周 96km レース格付け:B
31位 15point獲得 (出走85名/完走58名)

【機材とコンディション】
COLNAGO V2-R 7.05kg
ホイール:Mavic Ksyrium PRO EXALITH sl
タイヤ:Continental GP5000 25c
F:5.6bar R:5.7bar
ギア構成:フロント 53t×39t リア 30t-11t
前夜の体重:59.3kg
コース適性:C
距離適性:A
作戦 逃げ:A 先行:C
調子:好調
[自己評価]
近年のE1レースでは王道の経験豊富な距離です。昨日は集団スプリントとなり、スピードが足りずに後方に沈んでしまいましたが、得意な逃げに持ち込んで勝利を掴みたいところ。ライバルは強力ですが展開次第では上位を狙える実力を持っています。

【レースレポート】
昨日はレース開始まで余裕がなかった為、開門少しあとの7:10頃に到着するが、エリートのレース数が多いためか混みあっていて昨日よりも遅い到着となった。しかし、出走準備はほぼ済ませていたのでコースを2周して入念にアップを行えた。
試走を終えトイレを済ませて外に出ると、出走時間よりも随分速くコースインしていたので、慌てて後方付近に並ぶ。

昨日よりも早い地点でのアクチュアルスタート。昨日、前半に掛かってしまったのを反省し集団中ほどから後方で体力を温存する。
7周回目まで決定的な逃げは決まらず、アタックと牽制が繰り返され、集団内は落ち着かない状態が続いた。

f:id:Ryuta_bicycle:20210502181220j:image

レースが動いたのは8周回目。佐藤選手と川勝選手の2名の逃げが決まり、チームによる集団コントロールもあり最大30秒差まで広がる。

次の周で逃げを送り込んでいない強豪チームの追走によるペースアップにより、集団が縦に延びに。
その時、集団後方に居た為、バックストレッチで起きた仲切れに巻き込まれてしまう。
前方では相原選手を先頭に追走ができてたが、上手く回っている様子はなく人に任せていてはレースが終わると思い積極的に前を引く。


f:id:Ryuta_bicycle:20210502181306j:image

何とか集団にジョインして後ろを振り返ると、思いの外大きな集団が着いてきていて、引き損をした気持ちになった。

前周の集団のペースアップにより逃げの2名が視界に捉えられたその瞬間、神村選手のアタックを皮切りに佐藤選手、川勝選手、神村選手、松木選手、米谷選手、塩澤選手、御堂選手、五十嵐選手、美甘選手、相原選手の10人の逃げが形成。

この逃げには何としても乗りたかったが前周回でのダメージが大きく、また集団後方に居たためにこの動きに手も足も出なかった。

次の最終周回に入る前のバックストレッチで10名の逃げを視界に捉え、集団前方に居たため逃げに合流を試みる為に集団から飛び出す。


f:id:Ryuta_bicycle:20210502181348j:image

しかし、最終局面と言うのもありこの動きは容認されなかった。集団もスピードを上げ、苦手な下りのセクションで追いつかれてしまう。その後牽制するような動きを集団が見せたがまだ、先頭の10名は捉えられて居なかったので「あれが全日本だぞ!!」と鼓舞しあう前方で積極的にローテに加わる。しかし脚を使いすぎてしまった。

集団が逃げを捉えた心臓破りでの最終局面で前方位置を保てず、バラバラと落ちていく選手たちと共に遅れてしまう。バックストレッチで懸命に前を追うも、スプリントでどんどんとスピードをあげる集団に追いつくことなく後方でレースを終えた。

反省として終盤の重要な場所で集団前方に位置取らず、無駄足を使う場面が多く、最終局面のスピードに着いてけなかった。レース展開を予想し、上手く脚を使えるようになりたい。

📸 Itaru Mitsui

プロテイン:ACTIVIKE
インソール:ACTIVIKE
ウェア:ビオレーサー
チェーンルブ:シュアラスター

2021 東日本ロードクラシック E1 Day1


群馬CSCでのレースは昨年の7月に行われた東日本ロードクラシックぶり。
目まぐるしく状況の変わるこのコースは集団で走ると、瞬間的なパワーを要求されるコースで、今までE1クラスタでの成績は53位が最高順位と苦手であった。

【結果】
E1 6km×20周回 120km レース格付け:A
30位 20ポイント獲得(出走78名 完走55名)

【機材とコンディション】
COLNAGO V2-R 7.05kg
ホイール:Mavic Ksyrium PRO EXALITH sl
タイヤ:Continental GP5000 25c
F:5.6bar R:5.7bar
ギア構成:フロント 53t×39t リア 30t-11t
前夜の体重:59.3kg
コース適性:D 距離適性:B
作戦 逃げ:A 先行:C 調子:好調
[自己評価]
レースでの経験の少ない距離ですが、トレーニングで十分に積んできた距離です。昨年の東日本RCでは有力選手含む十数名の逃げ切りもあり、ライバルは強力ですが得意な逃げで上位を狙える実力を持っています。

【レースレポート】
前日に前橋に泊まり5:30に起床して7:30に会場入りし、試走でコースを一周して軽くアップ。久しぶりに会う仲間と挨拶を済ませ、後方からスタート。

アクチュアルスタート後、バックストレッチで少し集団のペースが緩んだので前方に上がり様子見。アタック合戦でペースが上がったので先行の位置を維持できずに後ろに下がってしまう。

動きがあったのは4周回辺り。かみたい選手と川勝選手の2人の逃げができ、高岡選手がそれにジョイする動きを見せる。しかし、きっちりとマークされているためか、集団は容認しない動き。

前方で逃げの試みを諦め踏みやめた瞬間、飛び出てしまったが脚を使わずに逃げれるタイミングだと思い、2人逃げにジョインする為に踏み続けた。


f:id:Ryuta_bicycle:20210428113524j:image

しかし、すぐ後方に集団が迫って来たため補給を受け取り集団へ戻る。まもなく2人の逃げも吸収される。

次に動いたのは8周回目のスプリント賞周回の後。またも、かみたい選手が逃げ打ち、五十嵐選手と2人の逃げが形成される。10周回辺りの心臓破りの坂で逃げの2人を目視できたので、奈良選手が『逃げましょう!』と声掛けをして飛んで行った。しかし僕は『ごめんなさい、キツいです』と断り乗れなかった。この時、群馬CSCの走り方が思い出せず無駄足を使い、腰の痛みからか弱気になっていた。


f:id:Ryuta_bicycle:20210428113545j:image

この後は集団後方で立ち上がると攣りそうになる四頭筋と腰を庇いつつの苦しい戦いになる。しかしながら、休めばなんとかなるもので思いの、外最終周回のハイペースな心臓破りの坂について行けた。

レース展開としては、終盤までまで集団が完全逃げを何時でも捕まえられる状態でコントロールし、18周回目で逃げ吸収後の周回はカウンターアタックで活性化。しかし決まらずにバックストレッチでお互い睨み合う団子状態に。集団の後方で待機していた為、スプリントで良い位置に位置取りをする事はできず、後方で流してのゴールとなった。

反省として賢さが足りず前半、掛かってしまってスタミナが後半切れてしまったこと。パワーが足りずに集団から抜け出せなかった事。パワーはすぐにどうにかする事ができる問題では無いので、Day2では掛からないようにしたい。

 

📸 Itaru Mitsui

ウェア:ビオレーサー

プロテイン:ACTIVIKE

チェーンルブ:シュアラスター

ふくいち

8/22にサイクルボールのふくいちのコースを走ってきました。楽しかったのでブログ記事に残します。

f:id:Ryuta_bicycle:20201010095411j:image

事の発端はGOCHIチームメイトのおおにしさんがサイクルボール集めに邁進している姿を見て、同行したいと声をかけた事。特に、ふくいちのコースは兼ねてから走りたかったので懇願した。GOCHIで呼びかけるとまどかさんも行きたいとのことで、3人で行くことに。

行程はおおにし亭1泊、福島1泊の2泊3日とした。

金曜夜にレンタカーを借りておおにし亭で寝させて貰って神奈川3:00出発。東京で4:00にまどかさんをピックアップ。f:id:Ryuta_bicycle:20201009110427j:image

3000kmしか走っていない新車のヤリスに3人3台車載して東北自動車道をひた走り、ふくいちのスタート地点、飯坂温泉には8:00前に到着した。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009111016j:image

ツール・ドのアプリを起動し8:30頃スタートした。温泉街を抜けると交通量の少なく、走りやすい子気味良いアップダウンの続く登り基調の農道を走る。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009111501j:image

10km程で2チェックポイントのふくしまスカイパークへ。9:30頃着。ここまではあっという間と言う感想であった。この日クラッシックカーミィーティングがあるのか、レトロな自動車が集結していた。

ここから一気に下り、CP3に向けて本格的なヒルクライム。次のチェックポイントに設定されていた高湯温泉観光協会までは10%近い勾配の続く登りがあり、この日は暑さも相まってふくいちで最もきつい区間と感じた。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009112325j:image

CP3へ10:30頃着。すると、偶然にも福島へ走りに来ていた篠さん御一行と合流。しばらく歓談しこの先ご一緒する事に。ワインディングが続く磐梯吾妻スカイラインを登り観光スポットの不動沢橋に。道中、猿の群れが居て怖かった。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009113549j:image

よく観光誌などで見る俯瞰した視点で写真を撮るには、脇道のふどうさわはし跡からでないと撮れないと後で知って後悔。今度訪れる時はぜひ行きたい。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009114710j:image

ここの時点では雲の中で、浄土平で絶景を見ることを目的にしていた為テンションが下がった。しかし標高1400mを超えた頃には景色が一変した。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009120339j:image


f:id:Ryuta_bicycle:20201009120540j:image


f:id:Ryuta_bicycle:20201009120631j:image


f:id:Ryuta_bicycle:20201009120710j:image

何度も乗っては止まってを繰り返し、全くもって進まなかった。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009121056j:image

12:30頃にCP4に到着し、浄土平レストハウスで昼食に。頂上はバイクラックに停めきれないほどのサイクリストと観光客で賑わっていた。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009121549j:image

13:30頃、本日の最高地点1622mに到着。ここから先はダウンヒルで一気に進む。しかし、逃してはならないフォトスポットがここ。

f:id:Ryuta_bicycle:20201009121921j:image

湖見峠。これから下っていくワインディングを見渡せ、紅葉の名所でもある。刺さる人にはささる場所。写真ではなかなか収めきらないので是非自身の目で。


f:id:Ryuta_bicycle:20201010083139j:image

きついワインディングが続くダウンヒルをしてCP5に14:30頃着。ここで揚げ餅とヨーグルッペを補給。

f:id:Ryuta_bicycle:20201010083827j:image

CP6に15:00頃着。ここまでの下りは旧道と新道があるがサイクルボールのコースに従って旧道を選択。草が生い茂り道が狭いところもあったが、自動車は殆ど通らず長いトンネルも回避できるのでルートに従って下るのがおすすめ。


f:id:Ryuta_bicycle:20201010085856j:image

CP7SEKIYA Coffeyのには16:00着。ここでブレンドのサイダー割りでコーヒーブレイク。暑い日でもさっぱり頂けて美味。

ここまでのおそらく通り過ぎる人が多いであろう左折区間を過ぎた先からは子気味良いアップダウンの続く農道で気持ちよかった。
f:id:Ryuta_bicycle:20201010091240j:image

ここに設置されているドライブスルーサークルはなかなかの難易度。クリアできたのは3人の中で僕だけでした。是非チャレンジを!


f:id:Ryuta_bicycle:20201010091449j:image

ここからは畳み掛けるようにCP設定が。16:30頃にCP7のへたれガンダム着。ビームライフやらマシンガンやらが置いてあってそれを抱えて記念撮影できる。
f:id:Ryuta_bicycle:20201010093000j:image

CP8、9と無事にチェックインして17:30頃にはスタート地点へ。宿にチェックインし温泉で汗を流してから夕飯を食べる為に温泉街へ。


f:id:Ryuta_bicycle:20201010093648j:image

3件ほどお店を巡ってどこも並んでいた。すぐ入れるお店を見つけて、飯坂温泉名物、円盤餃子で旅を締めくくった。

ふくいちのコースはよく考えられており、磐梯吾妻スカイラインへ訪れるのは今回で4回目だったが、新たな福島の魅力を再発見できるよいルートでした!また、季節を変えて訪れたい。

 

【PR】

ACTIVIKE様からサポートして頂いているACTIVIKEリカバリプロテインで日々のコンディションを整えてます。とても美味しくプロテインを飲んでいることを忘れる程です。購入はこちらから。

ACTIVIKEリカバリープロテイン

BURNING MAN RACE

8/30に熊谷スポーツ文化公園で開催されたBURNING MAN RACEのレポートになります。かつらおぶりにGOCHIメンバーでのレース参戦となりました。

主催者様に、このご時世レースを開催していただいた事、感謝申し上げます。

 

【リザルト】

おかわりBURNINGの部

51周 5位/18人 入賞

f:id:Ryuta_bicycle:20200909180256j:image

【詳細レポート】

会場へは応援に来てくれたなみさんと共にゆうくんの運転で移動。ゆうくん行き帰り送ってくれてありがとう!

 

今回は午前2時間、午後2時間の合計4時間を走るおかわりBURNINGの部での出走。この日は最高気温37℃予報で、会場に到着した8時時点で既に30℃を越え、非常に蒸し暑かった。

コースは1周回2.8kmのフラット、90°のコーナーが3箇所と180°のコーナーが1つあり、幅員の変化が激しかった。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909184352j:image

180°コーナーの先は幅員が広がるため、後方ではかなりキツいインターバルがかかると予想された。その為ゴールライン付近までで前方に上がり、前で入るよう心がけた。

午前の部は個性豊かなGOCHIメンと共にスタートラインへ。
f:id:Ryuta_bicycle:20200909185732j:image

GOCHIで一緒に走るメンバーは、拓海くん、たつろう、りょうさん、ゆうくん。そのうちゆうくん以外の3人は同じおかわりBURNINGの部での出走で、時と場合によって仲間になったりライバルになると言う関係。半周ほどパレードランがあり、アクチュアルスタート!

スタート後思うように前へ上がれず、180°コーナーでりょうさんとたつろうが先頭で引いているのをすれ違いながら確認できる程後方に。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909191901j:image

案の定チームメイトの強烈な引きでその先、ブチブチと切れていく人達を交わしながら先頭へジャンプアップ。その時の周回を後にストラバで確認したら、KOMであった。

レース序盤、様々な技量の人が入り乱れて集団が大きすぎると落車などのトラブルの元になる。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909193228j:image

その為、チームメイトと共に積極的にペースアップを図り集団への攻撃を間髪入れずに行った。スタート20分後にチームメイトが含まれる少人数の逃げができるが、まだレース開始まもない為決まらない。

開始30分後、アクシデントは突如起こった。目の前で左から右へふらついた選手を避けるため、右へそれた選手がPITエリア誘導の為にコースからはみ出ていたコーンに衝突し落車。幸いにも車間が空いていた為巻き込まれずに済んだ。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909194930j:image

レース開始から1時間20分後集団がフッと緩んだ隙を狙って飛び出す。その時、両足四頭筋がピキピキとする感覚があったが2周回単独逃げ。その後、つりそうな脚をかばい集団後方で休む選択をしたが、この選択が誤りだった。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909195700j:image

十数人まで減っていた先頭集団が第2集団を周回遅れに。更に吸収し、集団は30~40人まで膨れ上がった。その時に後方に取り残されてしまい先頭集団は遥か彼方へ。つりそうな脚を庇いながら上がる事は到底無理で心と共に千切れてしまった。ついでに水も切れてしまっていたのでピットインし補給。f:id:Ryuta_bicycle:20200909200816j:image

残り30分は単独で走り午前の部は終了した。この時点でかなりの疲労感。

午後の部が始まるまでは昼をとる間も無く、ヤマザキのみたらし団子を東さんの持ってきてくれたコーラで流し込み、スタートラインへ。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909201529j:image

午後の部はGOCHIからはひろみさんと東さんが加わり整列。既にヘロヘロである。午前と同じくスタート後、集団中盤から先頭へ一気にジャンプアップ。この時点で既に脚がつりそうな気配。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909202644j:image

暫く集団へしがみつくが、レース開始30分足らずで両足の四頭筋がつり、ドロップしてしまう。そして、開始40分で積んでいた1.5Lの水分が空に。完全に午前で抜けきった水分が休憩中に補給できて無かった。

この時ピットインした時は、応援に駆けつけたなみさんとたくみくんの助けでロスなく行えた。

f:id:Ryuta_bicycle:20200909203445j:image

その後東さんと回して行くが途中、東さんがパンクで1度ピットへ行きホイール交換へ。そして、残り1時間ほどは長い一人旅となった。途中りょうさんの含む先頭集団に追い抜かれ、乗ろうとするが脚に激痛が走り、補給だけ行い直ぐにドロップした。

その後はピットに3度入りつつ何とか2時間走りきった。サイコンを見るとその距離は140kmに達していた。炎天下の中、こんな距離を休みなく走るのは初めてだったのでかなりの疲労感であった。つった後の痛みは3日間程続いた。

 

写真を撮って頂いた皆さん、サポートをしてくださったGOCHIメンバーの方々、この場をおかりして御礼申し上げます。

 

Photo:Yuki asatoさん 猫天さん ゆうくん

ウェア:サンボルト S-RIDE メッシュセパレートワンピース

【PR】

今回、ACTIVIKE様からサポートをして頂く事になりました。f:id:Ryuta_bicycle:20200909210312j:image

春からモニターとして使用させて頂いているインソール、ACTIVIKE ONEは脚にフィットし、それ以前に抱えてた足裏の痛みが軽減されました。

只今、先行販売中です!!

第4回 JBCF 宇都宮ロードレース

8/9(日)に行われた第4回 JBCF 宇都宮ロードレースのレポートです。

【結果】

クラスタ E1 6.7km x 7周 = 46.9km

リザルト DNF (-3周)

【ふりかえり】

今回はレースの開始時間が遅いので前日入りする必要は無かったが、あまり来たことの無い宇都宮を堪能するために前泊した。

コースの試走は前日に行い、余裕を持って当日を迎えた。久しぶりで恐らく今年最初で最後になるであろう公道でのレースで、いつも以上に楽しみにしていた。

気温が30℃を越える蒸し暑い中、アップはそこそこにして検車を早めに済ませ先頭へ並ぶ。

f:id:Ryuta_bicycle:20200902212615j:image

隣にはあるびのさんが居て、少し会話したので緊張が和らいだ。

15:25定時にスタート。ローリングのペースがPの後だった為だろうか、早すぎる。前で「早い早い!もっと遅く」と言うモトへの言葉も聞こえた。

ここでせっかく先頭に並んだのにローリングで集団後方に位置を下げてしまう。リアルスタート後、1周目は何とか先頭集団でクリアするが、2周目の 鶴カントリークラブを降りきった所で集団が2つに割れていて、後方集団に取り残されてしまった。

f:id:Ryuta_bicycle:20200902214853j:image

 

練習仲間の剛選手の力を借りつつ先頭集団へのブリッジを試みるが力及ばず届かず。

3周目は後方から来た追走集団に乗るも、補給を試みたが取り損なった事から気持ちも水も切れ、鶴カントリークラブの登りで千切れてしまう。結果的にはこの集団が完走への最終列車であった。


f:id:Ryuta_bicycle:20200902214933j:image

その後から来たグルペットで4周目を走るが、思うようにペースを上げられず赤旗を振られてレースを下ろされた。

 

【反省】

ローリング中に並んだ位置を維持できていればかなり楽に前半はレースを進められていたのでは無いかと思うと、位置を下げてしまったのは悔しい。また、補給を2度取り損ねているので受け渡し側と受け取り側双方の練習が必要と感じた。

 

次回のJBCFのレースは10月に群馬で開催予定の経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップです。今回の反省を生かしより良い結果を残せるように努力します。

 

Photo:kazutaka INOUE さん

インソール:ACTIVIKE ONE

ウエア BIORECER

第54回 JBCF 東日本ロードクラシック群馬大会 3 Days

7/23日から3日間行われた東日本ロードクラッシックのレポートです。このご時世、レースを開催して頂きありがとうございます。

 

【リザルト】

Day1 クラスタ:E1 38位/74人

Day2  クラスタ:E1 DNF

Day3  クラスタ:E1 DNF

【レースふりかえり】

*Day1 72km

久しぶりのJBCFのレースということもあり少し緊張をしていた。一日中降り続いている雨で、山の上にある群馬CSCはレインウェアを脱ぐと肌寒ささえ感じる気候であった。

感染症対策で普段と違う雰囲気と手順の会場に入り、準備を済まして会場周辺で軽くアップを行った。

真ん中より後方よりで整列すると友人が居て、談笑し、リラックスしてレースのスタートを待つ。12:20定時に号砲が鳴った。


f:id:Ryuta_bicycle:20200813125214j:image

シーズン初戦という事もあり自身の仕上がりと他の力量差が分からないので様子見。

スタートから数周はアタックが散発され、集団が落ち着かなかったが3名の逃げが容認されると共に落ち着きを取り戻した。

レースペースとコースに慣れず、集団後方で千切れて行く選手をかわしていくだけでいっぱいと言う苦しい状況。

ラスト周回で集団がきっちり逃げの選手を吸収した後、心臓破りの坂で一気にペースアップ。それに対応しようとしたところ、脚を使いすぎてしまっていたのか脹ら脛が攣りかけドロップ。そのまま流してゴールとなる。

 

*Day2 102km

初日とは変わり雨は上がっていて走りやすく感じた。軽くアップを済まして中ほどに整列してスタートをした。

序盤10数名程の先行グループが形成される。これには乗りたかったが集団後方にいたため何もできず。後にこのグループ内で順位を争う結果に。

f:id:Ryuta_bicycle:20200813132045j:image
メイン集団は102kmと距離が長い為か比較的スローペースに。昨日のレースで刺激が入ったのか調子も良く感じた。しかし、マシントラブルによりたった4周でレースをおりることになってしまった。

 

*Day3 90km

初日と同じくレース時には雨が降り続いていた。昨日あまり脚を使っていないので3日間で1番調子が良いと感じた。


f:id:Ryuta_bicycle:20200813141440j:image

号砲がなった後、昨日のラップタイムより1分半も速いハイスピードで進む。逃げが決まったせいか逃さまいという強い集団意思がレースを加速させていっていた。

群馬CSCも最終日と言うのもあってか走り方に慣れ、ペースが早い中でも1番楽に感じ、ふと振り向くと集団が人数を減らしていたと言う感覚であった。しかしレース中盤をすぎた頃にポジションに違和感を感じる。

ヤグラが緩みサドルが動くようになっていたのだ。このままでは危ないと思い、意図的に集団から外れる。


f:id:Ryuta_bicycle:20200813141640j:image

さらにダンシングをしたら今にも外れそうな気配があったので、シートポストからサドルを剥ぎ取りレースをおりた。

 

3日間のレースで2日とも機材トラブルによるDNFはとても勿体ない事をしてしまいました。特に3日目は調子が良く、良いリザルトを残せる感触があった為に悔しい思いでいっぱいです。より入念に機材チェックを行うよう気をつけます。

 

ウエア BIORECER

インソール ACTIVIKE ONE

Photo:kazutaka INOUE さん、けーなかさん

第6回福島民報杯~ツール・ド・かつらお

週末はツール・ド・かつらお Day1.Day2に参戦してきました。このご時世に私たちを温かく迎えて下さった葛尾村の皆さん、レースを開催してくださったリンク東北の方々に感謝申し上げます。

リザルト
・Day1 33kmロードレース クラス1
47位/63人
・個人 TT クラス1
DNS
・Day2 56km ロードレース クラス2
43位/79人

準備不足が否めなかったですが実力どおりの順位だと思います。短く強く踏む力が不足していて、番手を下げてしまうことが多々あり勿体ない走りをしてしまいました。反省し、次回にしっかり活かしていきたいと思います。

[ふりかえり]
・Day1.33kmロードレース

f:id:Ryuta_bicycle:20200629122834j:plain

10:00に会場に到着し受付を済ませてから宿にチェックインし着替えるが、思った以上に時間が無く昼食とアップの時間を十分にとれずに出走。


f:id:Ryuta_bicycle:20200701083837j:plain


スタート直後の勾配のある登りがきつく、ここで最後尾まで番手を下げてしまう。2周目入った直後の3分程の登りで集団はちりじりになるので、番手を上げようと試みるが自分が得意とするレンジより2分ほど足らず上げきれない。


f:id:Ryuta_bicycle:20200629124543j:plain


これ以降番手をあげる力がなく苦しい展開となる。運転での疲れと暑さが相まって、最終周のラスト4km地点での登りで両方の脹ら脛が攣ってしまい集団からドロップ。ガードレールにしがみつき、足が動くようになってから再スタートし何とか完走。

・Day.1 個人TT
既に総合争いからドロップしたので翌日に向け、回復を優先するためチームメイトと共にDNS

・Day.2 56kmロードレース

前日にチームメイトと車でコースの確認。雨の可能性があったのでコーナー途中のグレーチング箇所などを入念にチェックした。

f:id:Ryuta_bicycle:20200629123113j:plain

出走1時間前くらいに本降りの雨が降っており走るかどうか戸惑ったが、スタート直前にはほぼ止み真ん中あたりに並ぶ。このコースを走るのは一昨日から数えて2回目だが、変わらずローリング区間の道幅の変化があり加減速が激しいので怖い。こんな時、ディスクブレーキならあとホイール半分位は前に詰められるのにと思ったり。

スタート後緩やかな長い登りが続くので伸びた瞬間を狙って番手をあげ、KOMポイント前の集団先頭までジャンプアップ。KOMポイント争いには加わらず番手を下げながら脚を温存する。KOM後の下りで攻めきれず、集団中ほどまで番手をさげてしまう。

2つ目の長い登り、もりもりランドへ差し掛かる左折で前方で落車が起きる。それにより集団は分断され後方集団に取り残される。前集団は登りでかなりのペースで登り有力選手10数名とその他のグループに別れる。

もりもりランドの登りはいちばん得意とするレンジ。前方からドロップしてきた選手を次々にパスしつつ、前のグループを追うが後一歩の所で追いつかずに下りへ。


f:id:Ryuta_bicycle:20200629124608j:plain


1周目は+00:52の12位で通過するが気持ちが切れてしまい、下りで第2集団からも遅れ寒さもありリタイアする事も頭に過った。しかし、グルペッドが来たこともあり何とか完走。


f:id:Ryuta_bicycle:20200629124614j:plain

レースの結果は振るいませんでしたが、久しぶりのレース、友人との遠征は楽しかったです。次戦は東日本ロードレースになります。


Photo:Yuki Asato